不審者に狙われないために・・・①どんな対策が有効なの? | アイルロックの豆知識ブログ

  • コミコミ月額プラン
  • レンタルプラン
  • 実績紹介

防犯豆知識

不審者に狙われないために・・・①どんな対策が有効なの?

当サイトの管理人兼作業員のZZです。

 

統計によると「一度窃盗をした人物が(検挙されても)再度同じ窃盗を行う再犯率」が15~12%と約1/4に

上ることが分かっています。でも実際は「検挙されて、再度検挙された人」の数ですから実際は多いのではないのでしようか?

昔は防犯なんて必要ない時代もあったでしょうが、今はそうも言ってられない時代になっています。

 

ここで今回

「不審者に狙われない」

ためにどんな事前対策が有効なのかを挙げていきたいと思います。

 

まず不審者は3つのことを嫌います。

「光」「音」「時間」です。

逆に言えば「狙われないためにはこれらの3つを事前準備」すれば良いということです。

「光」は簡単にいうと「センサーライト」のようなものです。簡単なものでも対人感知式にすればかなりの警戒レベルを確保できます。

「音」は「玉砂利などの歩くと音がでるようなもの」です。見えなくても音がすれば家の中ではなくても外からの視線が集まります。

不審者はこれを極度に恐れます。

最後に「時間」とは「侵入するのに時間がかかる」ということです。こちらは事前に侵入口と想定される経路の鍵などを壊しにかかっても簡単には壊れないようなもの若しくは開けるのに時間がかかると思わせる状態にしておくということです。

不審者が「絶対にこの家に侵入したい」という何らかの恨み(?)のような信念があれば別ですがそんな不審者は、まず実際にはほとんどいません。

ですが実際にはその隙間を狙ってくるのです。

防犯カメラは上記の「光」「時間」を持っています。

「光」とは対人センサーを付けているカメラも多いですし、「時間」とは不審者から見ればそのカメラの視界の侵入は録画(もしくは監視)されているので安易には近寄れない、つまり別の侵入口を探さなくてはならない(=時間が余計にかかる) いう側面を担っています。

それ以上に「録画(記録されている)」されているという付帯要素もあるわけです。

そんな厄介なところにわざわざ好んで侵入しようとする不審者は到底いません。

 

防犯カメラには「犯罪を記録として残す」だけでなく、不審者から守る つまり「防犯」にも非常に有効なことが御理解いただけたでしょうか?

ではこの続きはまたの機会に・・・

 

 

 

*******************************

愛知・岐阜・三重・静岡で防犯関連の御相談なら
24時間・年中無休【アイルロックアンドセキュリティー 防犯カメラ設置事業部】にお任せ下さい!
すぐに駆けつけます!
★フリーダイヤル★

0120-0120-49

(フリーダイヤル フリーダイヤル シキュウ)

【関連事業】*******************************

愛知・岐阜・三重・静岡で鍵のトラブルでお困りなら
24時間・年中無休【カギの急救ダイヤル・アイルロックアンドセキュリティー】にお任せ下さい!
すぐに駆けつけます!
★フリーダイヤル★(新しくなりました!覚えてくださいね~)
0120-49-4917まで♪

株式会社アイルロックアンドセキュリティー ホームページ(当社メインホームページ)

イモビライザー・スマートキーの紛失・スペアキー作成 専用ホームページ

 

アイルロックアンドセキュリティー 鍵のコンビニ(家鍵専門) ホームページ

アイルロックアンドセキュリティー浜松エリア専門ホームページ

アイルロックアンドセキュリティー 名古屋エリア専用ホームページ

アイルロックアンドセキュリティー 静岡エリア専用ホームページ

アイルロック岐阜 岐阜エリア専用ホームページ

 

カテゴリー

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930